オーブントースターがない我が家です

オーブントースターが無いと言ったら、みんなに凄くびっくりされたんだと子供が目を丸くして帰ってきました。
社会科の授業で、今と昔を色々比較してみるといった内容だったようです。

そこで、色々な電化製品について話し合った際、どうやら我が家でオーブントースターが無いということが知れ渡り、盛り上がったようなのです。
正直、ちょっと恥ずかしいなと思いました。
安いものであれば、恐らく3千円も出せば購入できるものだと思います。
もちろん買えないわけではありません。
それに、置くスペースがないということでもありません。
パンを食べないこだわりの家庭でもありません。
ただ、必要が無いから無いだけなのです。
ではどうしているかと言うと、パンをトーストする時はグリルを使って焼いています。
現在のような機能的な物ではありませんので、小窓から焼いているところを見張っていなければなりませんが、たかだか10秒やそこらですから大した問題ではありません。
それに、私はフレンチトーストが信じられないくらい得意なので、こちらを作ることが多く、やはりあまり焼くという発想が無いのです。
こんな感じで、かれこれ10年以上来てしまいました。
「オーブントースターは無いけどさ、ちゃんとオーブンはあるって言ったんだよね」と子供に訊くと、そんなくだらない見栄は張るなとがつんと一言。
無いということがむしろ面白い人だと思われたようで、子供はそれをちゃんと分かった上で、オーブントースターが無いとみんなに自慢したようなのです。
子供の方が、私よりも世渡り上手かもしれません。
でも、やはりオーブンがあることを言って欲しかったと思います。

«
»