太陽の光が眩しい学校の思い出

結婚して子供も生まれ、学校は自分の為ではなく子供の為に足を運ぶ場所になったと言うのに、今でも特別な気持ちがしてきます。
数十年も前に小学生だった私は、もう立派なおばさん。

それでも、学校での思い出はたくさんありますし、空気や太陽の光なども覚えているのです。
そして、記憶に残る懐かしい若いままの先生たちの姿。
数えてみればもうとっくに定年になっているはずなのに、明るくて優しくて綺麗だった姿が思い出されるのです。
村の小さな学校では、同級生がたったの11人。
一年生から六年生まで全員合わせてみても、100人にならない小さな学校でした。
だからでしょうか、年齢関係なくみんな仲が良かったような気がします。
怖い先生もいましたが、優しくて素敵な先生の方が多かったような気がします。
大好きだった学校を卒業する時、ワンワン泣いた記憶があります。
喧嘩をしたり、絶交なんて言葉を使ってみたり。
それでもすぐに仲直り。
そんな日々でしたが、今思えばみんなのことが大好きで、もっと仲良くなりたくてしてしまった喧嘩だったような気がします。
子供がお世話になっている学校は、明るくて新しい風通しの良い学校。
トイレも爽やかと言う言葉ピッタリで、日陰などどこにも無さそうな場所です。
ここでの時間が、何十年も後に励ましてくれたり慰めてくれることもあるのです。
どこで暮らしていてもどんな仕事をしていても、ふとした瞬間に思い出したり夢の中に出てくることもあるのです。
だから、どうか大切に大切に過ごして欲しいなと思います。
そして、同じように一緒に過ごした仲間のことも、大切に大切にして欲しいと思うのです。

寒い季節は気分が落ち込みやすい

寒い季節は、どうしても気分が沈みがちになってしまいます。
それは、私だけでしょうか。
外に出ることが少なくなることが原因でしょうか、それとも日光量が少なくなることが理由でしょうか。

最近思うのは、体の状態もとても重要なことですが、精神の安定もとても大切であること。
特別な病を患っていなくても、日や天候などによって気分にも違いが出てくることを感じます。
できれば、やっぱり元気でモリモリとやる気が出る方が良いです。
そんな風になる為には、どんなことをすれば良いのでしょうか。
近所の子供たちを見ていると、みんな凄く元気そうです。
まるで悩みなど全く無いように見えるのです。
本当のところは知りませんが、何と言うか凄くイキイキしているのです。
きっと、余計なことは考えていないのでしょうね。
そんな子供たちの姿を見ているだけで、こちらも自然と元気が出てくるから本当に不思議です。
やっぱり子供は良いものです。
昔私が子供の頃、高齢者からそんなふうに言われたことを思い出しました。
当時は意味がよく分かりませんでしたが、今はよく分かるような気がします。
こうやって、順繰りに若い人から元気をもらったり、若い人に色々な知識を教えたりしながら、みんな生きているのかもしれませんね。
だからきっと、不要な人なんてこの世に一人もいないのです。
温かくて風が柔らかい日は、たくさん太陽の光を浴びましょう。
何だか今凄く太陽が恋しいです。
夏になったら、たくさん汗をかきましょう。
心と体の毒が、全部出て行けば良いと思います。
目にまぶしい、あの暑い太陽の光も凄く待ち遠しいです。

«
»