私だけのオリジナルレシピと料理の魅力

なんちゃって料理が得意な私。
なんちゃってとは、オリジナル要素がたっぷりの勝手な想像と方法で作りだす私だけのレシピである。
もちろん、どこかのお店で食べたことがあるようなものも。

記憶を手繰り寄せて、きっとこうであろうと思いながら作っていくのだ。
私の場合、海外で暮らしていたこともあるので、その時に口にした味や風味を再現することもある。
面白いもので、舌がけっこう覚えているのだ。
また、どうしても手に入らない食材は、別の物を用いて代用する。
明らかに失敗だと思うこともあるのだが、今のところ8割程度は成功していると言って良い。
中でも家族から評判が良いのが、なんちゃってビビンバだ。
ビビンバは、韓国料理で焼き肉屋さんなどでも食べることができるメニューだ。
私はこの料理が大好きである。
お店によっても味付けや材料が違うので、それもまた楽しいのである。
そして私の自信作なんちゃってビビンバであるが、これもまたお気に入りのレシピだ。
なんてことはない。
冷蔵庫にあるものを刻んで味付けして用意する。
何でも良い。
そして仕上げに目玉焼きとコチュジャン。
キムチがあると尚更結構。
これで十分美味しいのである。
フライパンにご飯を敷き詰めて具を乗せ軽く焼き目を付ければ、なんちゃって石焼風ビビンバだ。
野菜もたくさん摂れるので、ヘルシーで健康的なメニューではないかと思っている。
またもしコチュジャンが切れていたら、私は味噌に砂糖とトウガラシとしょうゆ、ニンニクを少々入れて代用する。
これはもうコチュジャンとは呼べないのだが、不味くはないのだ。
料理は、本当に面白いなと思うのである。

«
»