オークションと最近の自分と

オークションを知った理由の記憶はないけれど多分大学に入ったころだと思う。
履歴を見たところ一番最初は落札目的だったみたいである。

確か燕尾服を落札したはずだ。
その衣装がなかなかおかしくてシャツはブカブカ、ズボンもブカブカなのに上着はなぜかピチピチだった。
とりあえず1年ほど使った後知り合いに譲った。

その後に何を落札して何を出品したかは覚えていない。
けれども今もオークションは使用しているし、暇があればウォッチを見ている。
ほぼ日常と化していた。

コミケなどで買えない同人誌は時間が経てば誰かが出品してくれているし。
あとはいかに安く落札するかだった。
たまに同人誌と一緒にノベルティがついてくるが、特に必要ではないのでその都度出品に回すようにしている。
それでたまに最初の落札額の半分まで上がるから驚きである。

けれど自分が主に出品しているのは手描きイラストなのだが、この前初めて可笑しな落札者に出会った。
落札した後のメッセージでイラストのリクエストは受け賜っていないかと聞かれたのである。
他人のリクエストに答えれるほど画力があるとは思っていないので断ったのだが、それっきり連絡がなかったのである。

落札しておいて失礼なやつだと思ったがこんなこともあるんだと、いい経験をしたなぁ…と思いながら評価にマイナスをつけるのであった。
その後の彼の消息は知らないし連絡もないからオークションから退会したものと見ている。

自分はこんな落札者にならないようにしようと思いながら今月落札金額が2万を超えたので自重しようとも思う。

«